Earth Conservation

当サイトについて

当ホームページは地球保全に関する情報のまとめサイトです。

当ホームページは、個人が運営するファンサイトです。 いかなる企業・団体とも関係ありません。データの使用により 生じた損害などについて、当方は責任を負いかねます。 ご利用は使用者自身の責任において行って下さい。

地球温暖化について

地球温暖化とは、地球表面の大気や海洋の平均温度が長期的に見て上昇する現象のことです。地球の歴史上では、気候が温暖になったり 寒冷になったりということが幾度となく繰り返されてきたと考えられており、「温暖化」は単に地球全体の気候が温暖に変わる現象を 指すこともあります。しかし普通は、近年観測され将来的にも続くと予想される、「20世紀後半からの温暖化」について指すことが 多いようです。大気や海洋の平均温度の上昇だけではなく、生物圏内の生態系の変化や海水面上昇による海岸線の浸食といった、 気温上昇に伴う二次的な諸問題まで含めて「地球温暖化問題」と言われることもあります。現在、温暖化が将来の人類や環境へ与える 悪影響を考慮して、さまざまな対策が立てられ、実行され始めています。一方で、その対策に要するコストが非常に大きくなると みられることから、その負担や政策的な優先度等をめぐって国際的な議論が行われています。 地球の気候に関しては、時間的・空間的にさまざまなスケールで温暖化と寒冷化が起こってきました。「人為的・自然起源に関わらない すべての気候の時間的変動」を気候変動といいます。「人為的・自然起源に関わらないすべての気候の時間的変動」を気候変化と呼ぶ 向きもあります。地球温暖化問題は「人為的なものに起因する気候の変動」という意味での「気候変動問題」と呼ばれることもあります。

地球表面の大気や海洋の平均温度は「地球の平均気温」あるいは「地上平均気温」と呼ばれ、地球全体の気候の変化を表す明確な指標 として用いられており、19世紀から始まった科学的な気温の観測をもとに統計が取られています。地球の平均気温は揺らぎながらも 明白な上昇傾向を示しており、1906年–2005年の100年間で0.74℃上昇しているようです。20世紀は後半になるに従って上昇のペースが 加速する傾向が観測されています。これに起因すると見られる、海水面の上昇や気象の変化が観測され、生態系や人類の活動への悪影響が 懸念されています。この地球温暖化は自然由来の要因と人為的な要因に分けられるようです。20世紀後半の温暖化に関しては、 人間の産業活動等に伴って排出された人為的な温室効果ガスが主因となって引き起こされているとする説が有力とされています。 2007年2月には国連の気候変動に関する政府間パネルが発行した第4次評価報告書によって膨大な量の学術的知見が集約された結果、 「人為的な温室効果ガスが温暖化の原因である確率は9割を超える」と報告されました。

地球温暖化の影響

地球温暖化の影響に関しては、多くの事柄がまだ評価途上です。日本への影響については、国立環境研究所などによる予測が進められています。 地球温暖化による影響は広範囲に及び、「地球上のあらゆる場所において発展を妨げる」と予想されています。その影響の一部は既に 表れ始めていて、IPCCなどによるこれまでの予測を上回るペースでの氷雪の減少などが観測されています。AR4 WG IIによれば、地球温暖化は、 気温や水温を変化させ、海水面上昇、降水量の変化やそのパターン変化を引き起こすとされます。洪水や旱魃、猛暑やハリケーンなどの 激しい異常気象を増加・増強させる可能性があるそうです。生物種の大規模な絶滅を引き起こす可能性も指摘されています。 大局的には地球温暖化は地球全体の気候や生態系に大きく影響すると予測されています。こうした自然環境の変化は人間の社会にも大きな 影響を及ぼすと考えられています。真水資源の枯渇、農業・漁業などへの影響を通じた食料問題の深刻化、生物相の変化による影響などが 懸念されています。AR4では「2~3度を超える平均気温の上昇により、全ての地域で利益が減少またはコストが増大する可能性がかなり高い」と 報告されています。 スターン報告では、5~6度の温暖化が発生した場合、「世界がGDPの約20%に相当する損失を被るリスクがある」と予測し、 温暖化ガスの排出量を抑えるコストの方が遙かに小さくなることを指摘しています。